hyakunichisou03

実家に咲いていた百日草(ヒャクニチソウ)の写真です。

百日草の名前の由来は、その丈夫さからきているようです。

百日草は比較的手間のかからない花のようで、百日咲き続けるぐらいの強い花のようです。

このように百日草は、花の寿命が長い事から「浦島草(うらしまそう)」とも呼ばれているそうです。

写真を見て頂ければ分かると思いますが、花びらが非常に多いのが花の特長です。

ちなみに百日草はキク科の植物です。

そう言われて見れば、キクの花にもにていますね。

個人的には百日草は大きさが小さいのと、花の作りから見て、松ぼっくりのようだなと思いました。

(※9月22日(火)、秋に撮影)

 

botan


 

hyakunichisou01

 

botan